レディ

車買取をスムーズに行なう秘訣|高額買取を実現させる方法

売却時に必要な書類

自動車とレディ

新しく車を買い替える場合、車買取専門の業者を利用するという人は多いでしょう。初めて車買取専門の業者を利用するなら、まずは売却時に必要な書類の種類を確認しておきましょう。国内で利用されている自動車には様々な種類がありますが、その中でも特に多いのが普通自動車と軽自動車です。自動車を売却する際には、普通自動車と軽自動車とで必要になる書類の種類が異なります。まずは自分が乗っている車の種類を確認したうえで、必要書類を集めることが大切です。

普通自動車を売りに出す際に必要な書類としては、自動車検査証、印鑑登録証明書、自賠責保険証明書、自動車納税証明書、実印、振込口座の番号、預託済みであればリサイクル券などがあります。また自動車検査証と印鑑登録証明書の住所の内容が異なる場合は、住民票や戸籍謄本などが必要になるので、併せて用意しておきましょう。また買取業者の店舗で譲渡証明書や委任状を作成する必要があります。

一方軽自動車を売却する際に必要な書類としては、自動車納税証明書が軽自動車納税証明書になる程度で、あとは普通自動車とほぼ変わりません。また普通自動車では実印が必要ですが、軽自動車の場合は認印でも売却することが可能です。そして店舗で作成する書類としては、自動車検査証記入申請書を作成が必要になります。以上が車の種類別に必要な書類の種類になります。しかしこれらはあくまでも部分的なものになります。車の種類や状態によっては、別途で書類が必要になることがあります。車を売却する際は、業者のスタッフに相談するなどして事前に確認しておきましょう。

交渉術を学ぶ

財布を持つ女性

自動車を高い値段で売却したいのであれば、買取業者との交渉を有利に進めるための交渉術を知っておきましょう。相手がプロでもコツさえ知っていれば高額買取も夢ではありません。

詳細へ

廃車手続きの種類

車

自動車を廃車にする時に行なう末梢登録には種類があります。それぞれの登録方法は大差ありませんが、その意味合いは大きく異なるのでその内容を正しく理解しておきましょう。

詳細へ

動かない車を売る

車と男性

不動車や事故車は健全とは言えない状態の自動車になります。しかし不動車や事故車であっても、自動車買取専門業者であれば売却することが出来ます。査定の方法が各業者で違うので、一括見積りを利用しましょう。

詳細へ